眼精疲労改善サプリを飲んじゃダメな人は?販売店に聞いてみた



さまざまな文明の利器の登場によって、暮らしが格段に便利になった現代。

しかし、そうした便利さが、「目」にとってはマイナスに作用することもあります。

特にスマートフォンなどの小型端末の普及により、液晶画面のこまかい文字など、見るだけで目が疲れてしまうようなものが現代人のまわりにはあふれています。

さらに、目の疲れを癒すためには空を見たり遠くを見たりすることが有効ですが、高層建築物の増加によってそれもままなりません。

現代社会において、目の予防対策はサプリで補う時代になってきております。

しかし、その目の予防対策サプリに含まれている成分を継続いして服用しても大丈夫でしょうか?

今回、眼精疲労改善サプリのメーカー及び販売店に、眼精疲労改善サプリを飲んじゃダメな人はどうな人なのか、メールで問い合わせてみました。


その回答は


【株式会社ファンケルよりの回答(商品:えんきん)】
早速ですが、このたびお問い合わせいただきました件についてご案内いたします。

「えんきん」のご購入をご検討いただいているとのこと、大変うれしく拝読いたしました。

健康上問題が無い方であれば、特にご使用を控えていただく必要はございません。

ファンケルでは、もし持病などの健康上問題を抱えておられる方の服用につきましては、病名や服用中の薬の名前を伺い、私どものサプリメントとの成分同士の飲み合わせをお調べしております。

健康上問題を抱えておられる方の服用につきましては、お手数をおかけいたしますが、病気・薬の正式名称を、ご連絡いただければ幸いです。

このたびはお問い合わせいただき、ありがとうございました。何かご不明な点がございましたら、いつでもご連絡ください。


各社の回答を見ますと、健康状態に問題がなければ、眼精疲労改善サプリの使用を控える必要がないようです。

健康状態に不安のある方、持病や薬の服用中の方は、眼精疲労改善サプリを使用する前に、メーカーや販売に相談されることをオススメします。




CMでおなじみの「えんきん」日本初!目の機能性表示食品



このサイトからの購入で→2週間分が2袋で合計4週間分付いて1,000円 詳しくはこちら>>



眼精疲労改善サプリに必要な成分はコレだった?




眼精疲労の改善には、ビタミン類がとても効果的といわれています。

ビタミンには、ビタミンA、B1、B2、Cなど、さまざまな種類があります。

その中でも、目の疲れや目の充血に有効なのがビタミンB2です。

有効というとらえ方より、不足すると眼精疲労になりやすいというのが正しいかもしれませんね。

ビタミンは、A、B1、B2、Cをバランスよく摂取することが大切なのです。


ここで眼精疲労の改善でおすすめしたいのが、抗酸化物質の摂取です。

なかでも「ブルーベリー」は高い抗酸化作用があり、目にとって実に有効な食べ物として知られています。

ブルーベリーが目の機能を回復する秘密は、紫色の色素である「アントシアニン」にあります。

目のトラブルや病気は、体をさびつかせる活性酸素の影響によることが多いのですが、強い抗酸化作用があるアントシアニンは、活性酸素を除去する働きがあります。

白内障は紫外線による組織の傷害や加齢によるタンパク質の変成が原因とされていますが、こうした変化にも酸化ストレスが関与しています。

また、糖尿病は代謝異常が原因ですが、血糖値が上がって血中で糖と結合したタンパク質から活性酸素が発生して白内障を、動脈硬化が進行して網膜症を引き起こしたりします。

こうした酸化ストレスに対抗するのが、ブルーベリーに含まれる強い抗酸化物質。

つまり、ブルーベリーを摂取することで目のトラブルや病気を予防・改善することができるのです。

実際、ヨーロッパではブルーベリーを医薬品として認可している国もあるほど、高い効果があります。

ブルーベリーを摂取するのなら朝がおすすめ。成分が吸収されるまでには2~4時間かかるので、仕事などでストレスを受けやすく活性酸素が出る可能性の高い時間帯の前に飲んだほうがいいからです。



多くのメディアで紹介されている眼鏡疲労改善サプリ



えんきん
「えんきん」といえば、手元のピント調整力改善のサプリというイメージがあると思いますが、眼精疲労を改善する成分も多く含まれており、目の使い過ぎなど眼精疲労にもよく使用されているサプリなんです。


なんと!商品に満足できない方「無期限」「返品送料ファンケル負担」で、しかも開封後でも返品できる安心保障です。  詳しくはこちら>>



めなり
アントシアニンの量が通常のブルーベリーの5倍配合されていて、特許取得ビルベリーエキス170mg・アンチエイジング化粧品などにも利用されているアスタキサンチン、眼精疲労やブルーライト対策に発揮するといわれている成分がまるごと入っています。


業界トップクラスのアントシアニン量!特許取得のビルベリー配合の眼精疲労改善サプリ! 詳しくはこちら>>



眼精疲労改善で大切なことは…。活性酵素の撃退?




先程の項目にも書きましたが、眼精疲労の原因は体をさびつかせる活性酸素にあります。

活性酸素を撃退することで、眼精疲労は和らげます。

太陽の光のもとで生活している私たちは、常に紫外線にさらされていて、その紫外線は、目の細胞のなかで活性酵素を常時発生させています。

目の病気で最も身近な白内障は、年をとれば誰にも起きる病気のひとつと考えられていますが、現在では、
白内障の原因は活性酵素であることが判明してきました。

白内障にかぎらず、ほとんど目の病気は活性酵素の害が原因じゃないかと現在研究中です。

活性酵素を除去する働きがあるとされているアントシアニン。ブルーベーリーに多く含まれていて、眼精疲労改善サプリの目玉成分となっております。

しかし、そのブルーベーリーよりも最強?の
活性酵素を除去する働きがあるとされているものが活性水素水です。

活性水素は、活性酸素を見つけ次第、これに結びついて酸化能力を奪ってしまうという素晴しい働きをするのです。

活性水素研究の第1人者である、九州大学の白銅貨隆教授は「活性水素は、活性酸素消去物質としては、恐らく究極の物質になるだろう」とのべています。




活性水素水の代名詞!日田天領水で活性酵素を除去!!
美味しいだけじゃない!雑菌%だから「あかちゃん」「高齢者」も安心のウォーターサーバー もっと詳しく知りたい方は…





眼精疲労改善でやってはダメな行為とは?




■疲れ目を市販の点眼薬に頼りすぎるのはよくない
日本人は薬好きの国民とよくいわれ、疲れ目などに関しても、市販の点眼薬に頼る傾向が強いようです。

もちろん、目の異常症状を、市販の目薬で改善させることは悪いことではありません。

しかし、素人判断で乱用すると、かえって症状を悪化させたり、慢性化させるおそれがあります。

若い人の間では、目に異常がないのに、目薬を一種のファッションとして使用する傾向があるようですが、危険なこともあり、おすすめできません。


■目のためにも、飲酒は適量を守ってほどほどに
お酒を大量に飲むと、目にも影響が現れます。アルコールは、肝臓で水と炭酸ガスに分解されて無毒化されますが、代謝の過程で目の栄養分となるビタミン類も多く消費されます。

そのため、目がショボショボしたり、疲れ目の原因になります。

また、糖尿病や血圧が高い人は、目の奥の毛細血管が破れて眼底出血を起こすことも考えられます。

アルコールは食欲を増進させ、食事を楽しいものにしてくれますが質と量と飲み方が問題。

日本酒なら1~2合、ビールなら大ビンー本ぐらいまでが適量の目安です。

目のためには休肝日をとって、肝臓を休ませることも大切です。


■たばこは目にとってもレッドカード
「あなたの健康を損なうおそれがありますので、吸いすぎに注意しましょう」-たばこのパッケージの注意書きのように、喫煙がからだに有害であることはいうまでもありません。

目については、ニコチンの血管収縮作用が眼底出血の要因になることが考えられます。

また、吐き出した煙が目を刺激して、ドライアイなどの症状を招きやすくなります。

目のためにも、禁煙するのがいちばんです。


■目は食生活環境にも敏感
目は空気中から酸素をとり入れているので、大気の汚れや温度・湿度に対して敏感です。

調理中や食事中の煙や温度・湿度が高いと、必要以上に目に負担をかけ、疲れ目やドライアイの原因になります。

食生活では栄養や味覚も大切ですが、食事環境にも十分注意して目を守りましょう。


■脂質と糖質が多い食事は目に負担をかけやすい
第5、第6群の脂質と糖質は、エネルギー源となる健康と体力維持に欠かせない栄養素です。

しかし、とりすぎると肥満の原因となり、結果的に目に負担をかけます。

とくに、40歳以降の老眼世代は疲れ目の大きな要因となり、目の老化に拍車をかけることも考えられるので注意しましよう。


■ボリフェノールブームに踊らされないことも大切
健康時代を反映して、赤ワインやココアなど、ポリフェノール含有飲料や食品が人気を集めています。

ブームといってよいかも知れません。

しかし、ワインはアルコールであり、砂糖を入れたココアやチョコレートはカロリーが高い食品です。

どんな食品もそうですが、からだによい成分の一つだけを拡大解釈して大量に摂取すると、ほかの成分による弊害も考えられます。

ほかの成分が目に悪影響をおよばさないよう、ブームに踊らされないで、十分わきまえて摂取することを忘れてはいけません。

このページの先頭へ